メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

暮らし 健康

紫外線対策 車を運転する人が気をつけたいこと

投稿日:

バス・タクシー・トラック・営業など、仕事で車の運転をする人は
日焼けについて一度は心配したことがあるのではないでしょうか?
今の車はUVカットガラスを使っているからそんなに心配しなくて
大丈夫かと思いきや、すべての窓ガラスが同じように
UVカットしてくれるわけではないようです。

スポンサーリンク
  

紫外線対策 短時間の運転でも注意!

運転を仕事にしている人は、よく右目の上の
一番でばったところにしみが出来やすいです。
私も12年間車で走り回る仕事をしていましたが
見事にその位置にしみができました。
顔の中でも、わずかの光の当たり具合の差で
シミが出来るか出来ないかの分かれ道があります。

男性も紫外線には注意が必要!
実は女性より男性の方が紫外線によるダメージを受けやすいそうで、
男性もしっかりとした対策が必要です。
紫外線によるシミは加齢シミとも言われ、男性でもシミがあると
年齢よりふけて見えてしまいます。

また、日焼けですぐ赤くなるけど黒くなりにくい人は
紫外線の影響を受けやすいタイプです。
運転時間が短くても、紫外線の影響は累積されていくので、
例え10分程度の移動でも、こまめに手袋やサングラスをすることが大切です。
紫外線の強さは、暑さとは関係なく4月~9月、
朝も気温の上がる前に紫外線の量はかなり増えています。

紫外線は丈夫な骨を作るのに欠かせないものですが
浴びすぎると眼やお肌のトラブルを引き起こします。

紫外線対策 車の中は安全?

車の窓ガラスは”UVカットガラス”をうたっているので、
車内は安心なのかな~?と思いきや。
90%以上のカット率を持つのはフロントガラスだけで、
助手席やリアガラスにはそこまでのカット率はありません。
しかも紫外線は乱反射するため外にいるだけで
あらゆる方向から紫外線を浴びているのです。
紫外線の弱い冬場でも積雪があるときは80%も反射します。
もはやレフ板ですね。
曇りの日でも紫外線に注意が必要なのはもうご存知ですね?
日陰や家の中でも空気中の散乱光やガラスを通過した
紫外線が飛び回っています、エネルギーが高いのです。

スポンサーリンク

紫外線対策 運転手が気をつけることは?

紫外線の対策とはどういったものがあるでしょう?
誰でも思い浮かべるのは日焼け止めクリームでしょう。
顔はもちろん、腕や首筋にもムラなく塗りましょう。
耳もよく日が当たるところです、塗り残しのないよう
気をつけましょう。

また日焼け対策ではなく紫外線対策の目的は
紫外線の影響を受けやすいところの保護です、
髪の毛や、眼にもダメージを与えますが、
車の運転では眼が一番ケアが大切なところです
運転中は眼を閉じているわけにはいきません。

眼の紫外線対策はサングラスです。
選ぶときは色よりもUVカット率で選びましょう。
サングラスの色を濃くするとその分瞳孔が開きますが、
紫外線がカットされなければ眼の奥に大量の紫外線が
入ってしまいます。
色は好きなものを選んでいいですが、
紫外線を遮る能力が高いサングラスを選ぶのがベストです。
また、眼に入る紫外線が増えると肌のメラニンも増えると
言われています。
紫外線による眼への影響は、白内障や角膜炎といった目の病気の
原因のひとつであると言われています。

車の運転では比較的、髪の毛は心配しなくてもいいですが、
影響がないわけではありません。
心配なときは髪の毛だけじゃなく頭皮もケアしましょう、
徒歩であれば帽子や日傘などで防ぎますが、運転には向きませんね。
スプレータイプやトリートメントタイプの紫外線よけが良いでしょう。

食事でも紫外線対策が出来ます。
紫外線は活性酸素を生み出します、これを中和する為に抗酸化作用を
もった食材を食べることで対策になります。
具体的には、かぼちゃ、にんじん、ブロッコリー、トマト、パプリカ
また、サーモンも抗酸化作用があることで知られています。

まとめ

車の運転が毎日の仕事の方は、乗っている時間が
わずか10分でも日々の累積が大きな差を生みます。
こまめな対策で守りましょう。
また時々ほくろやシミが大きくなっていないか、
チェックしてみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-暮らし, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら