メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

暮らし イベント 11月

記念写真をプロのカメラマンに撮ってもらいたい時の探し方。

投稿日:


 七五三や結婚式など、家族そろっての記念写真の撮影は写真館や式場などがオーソドックスですが、おしゃれなフォトスタジオや屋外で前撮りで出張撮影してもらう人も増えているようです。型にとらわれない自由な記念写真のバリエーションは膨らむ一方です!では、そんな新しい感覚のプロのカメラマンを探すにはどうしたら良いでしょう?プロのカメラマンをインターネットで探す方法を探ってみました。

スポンサーリンク

記念写真撮影 プロのカメラマンが探せるサイト

去年も七五三の写真撮影について書きましたが新しいサービスが増えているようです。

「ミツモア」
 七五三や結婚式に限らず、ドローン撮影、イベント撮影など幅広い分野のカメラマンや、習い事やリフォームまで何でもまとめて簡単にぴったりな業者から見積もりが取れる”ミツモア”という会社が2017年2月に出来ました。トップページの検索枠に「七五三」などの目的を入力するとマタニティフォト、お宮参り、家族写真など関連性のありそうな選択肢も出てきます。撮影の人数や、希望するサービス(着付けなど)、日時などを入力するとマッチするプロの人とつないでくれて数人のカメラマンからコメント付きで見積もりが届きます、各サービスの参考価格、評判なども事前に見ることができて安心ですね。
チャットで打ち合わせも出来ます。

ミツモア

サービス内容)カメラマンの他、クリーニング、税理士、弁護士、社会労務士~草むしりまで多数。

「fotowa(フォトワ)」
家族写真といえば外せない出張撮影に特化したサービスです。料金体制が明解なのも特徴です。

平日  19,800円
土日祝日23,800円

この2つしか料金はなく出張費、75枚以上の写真データ、60分の撮影料が含まれます。含まれていないのは衣装や着付け、現像料、アルバム代などで、自分たちで支度をしてお参りするときに同行してその様子を撮ってもらうような形が一番利用しやすい感じがします。チェーン店の写真館のように衣装、着付け、アルバムまですべて込みで作ると6~7万円はかかるので、写真のみ撮ってもらい加工は自分たちの好みで、という自由なスタイルです。またカジュアルな服装でお気に入りの場所で撮ってもらうなどアイデアが生かせます。サービスエリアを去年調べたときは都心中心でしたが今はおおむね全国でサービスが利用できるようです。

このフォトワはピクスタ株式会社の事業のひとつです。PIXTA(ピクスタ)と言えばご存知画像などの素材サイトの大手です、カメラマンは身分証による身元確認の他、撮影スキルや人柄も面談で確認し撮影実践審査を通過したカメラマンのみ登録されているとのことなので安心して頼めますね!

fotowa(フォトワ)

「Skillots(スキロッツ)」
 スキロッツの写真撮影はコダックののバックアップで提供されているサービスです。写真館から個人のプロカメラマンまで様々なタイプのプロカメラマンがいます。自分の作品と目安料金、拠点(近くにいなくても出張してくれるカメラマンが表示されます)PRコメントが一覧になっていて見ることができるので見積もり前に十分な情報を見ることができます。

サービス内容)弁護士、税理士などの他、デザイン、声優など特徴のあるメニューがあるのも印象的です。

Skillots(スキロッツ)


スポンサーリンク

「ふぉとすたなび」

 写真館を経営している若手集団PGC(パイオニア・グリーン・サークル)によるサービス。こちらのサイトは写真館やフォトスタジオの若き経営者が集まり、”写真の可能性を常に探求している”という熱気を感じるサイトです。全国に加盟店があるのでお近くの熱い写真館を見つけることができます。

ふぉとすたなび

「日本の新しい写真館」

 こちらはキャノンさんの「キャノンフォトソリューション」という企画。全国各地の写真館を毎回1店舗ピックアップして新しことにチャレンジしている写真館を紹介するタイプ。仲介を目的としたホームページではないので数は少ないのですが、もし近くの写真館が出ていればどんな写真館なのか参考になると思います。

日本の新しい写真館

まとめ

 記念写真といっても今までにはなかったような写真も増えています。これもカメラマンの情熱のおかげかもしれませんね、家族の様々な記念日から部活動などの仲間との写真、ありきたりな記念日でも今までの概念を打ち破った新しい写真。写真サイトを眺めているとカメラマンの様々なアイデアに「自分も撮ってもらいたい!」という気にさせられます。見積もりまで簡単につないでくれるサイト、集めた情報から自分で選ぶサイトと好みによって使いやすさは異なると思いますが一昔前に比べたら希望に合ったカメラマンを探すのは格段に探しやすくなっていると感じます。
良いカメラマンが見つかるといいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-暮らし, イベント, 11月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら