メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

健康

胃薬の種類について、粘膜保護、胃酸を抑えるタイプなど。

投稿日:

胃腸症状に悩む人はたくさんいます。
胃痛、胸やけ、すっぱいものが上がってくるなど。

薬局で市販薬を買おうと思っても、
種類が多くて迷ってしまいます。
そのために薬剤師がお店にはいるのですが、
まえもってどんな種類の胃薬があるのかを
少し知識として持っていると相談しやすいかもしれませんね。
胃をまもる力を強くするお薬。
胃を攻撃するものを抑えるお薬など、
胃薬を目的別に説明します。

スポンサーリンク
  

胃の粘膜を守ってくれるお薬【粘膜保護】

胃が荒れる原因のひとつで、加齢やストレスなどで
胃壁をまもる粘液が減ってしまうことがあります。
これは単純に胃の粘膜を覆うようなお薬が助けてくれます。
胃の粘膜を覆うとき、炎症を抑える成分なども含まれていて
傷と炎症の両方をおさえてくれます。
物理的に胃の粘膜をまもるだけのお薬なので、
胃薬の中でも基本的なお薬で
副作用や他のお薬との飲みあわせなど
あまり心配のないタイプです。

胃を攻撃する胃酸を抑える薬。【制酸剤】

胃の粘液が減った状態にさらに
胃酸の量が増えると、もっと胃が荒れてしまいます。
胃酸過多と言われて、ストレスや消化管内の環境の変化
(ピロリ菌の感染など)により胃酸が多く出てしまう状態です。
胃酸は細菌を消毒したり、食べ物を消化する強い酸です、
胃の粘液がこの胃酸から自分の胃袋が消化されるのを
守っています。
この過剰な胃酸を抑えるタイプのお薬があります。

まず1つは胃酸と直接反応して、酸を中和するお薬です。
酸化マグネシウムや炭酸水素ナトリウムなどと言った
酸と反応する物質をお薬にしたものです。
このお薬は、胃酸が増える原因は治してません。

スポンサーリンク

もう1つは胃酸の出口を抑えたり、
胃酸が作られるのを抑えるお薬です。
こちらの方が大元を抑えるので効きそうですね、
しかし市販のお薬では、長くつづけて飲むと
重大な病気を見逃す可能性があるとして、
3日飲んでも効果がないときは止めるよう、また、
効果があっても2週間以上つづけて飲まないよう、
添付文書に注意書きがあります。
価格も3日分で1,000円ほどと高価です。
こちらのお薬は病院でも出されているお薬ですが、
病院でもらうほうがさらに強力です。

安定剤も胃薬の仲間?

病院では胃薬でも安定剤が出されることもあります。
血圧でも同じですが、日常的なストレスや、
緊張が続く生活が原因と思われるときには、
安定剤が出されることもあります、
また胃薬なのに、安定剤の作用を持ったお薬もあります。

まとめ

胃薬は今書いた【粘膜保護】【制酸剤】のほか、
・消化剤(消化を助ける)
・健胃薬(胃の働きを高める)
・鎮痛、鎮痙(おなかの痛み止め・働きすぎの胃を休める)
・制吐剤(吐き気を抑える)などがあります。
『胃腸薬』として売られているものは
複数のお薬のブレンドになっていることもあり、
純粋な胃の薬だけではなくて腸のお薬も
混ざっていることがあります。
詳細は薬剤師・登録販売者に聞いて見ましょう。
また、良くならない、くりかえす場合は、
きちんと受診し診断してもらいましょう。
それから、検診も必ず受けましょうね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら