メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

健康

血圧の薬を何種類も飲んで大丈夫?それぞれの違いや働きは?

投稿日:2017年6月3日 更新日:

世の中で最もよく使われている薬のひとつは
血圧を下げるお薬です。
「血圧のお薬ってたくさん種類があるけれど
一緒に何種類も飲んでいて大丈夫なの?」
「それぞれの薬っていったい何が違うのか?」
こんな疑問を持っている方も多いと思います。

そこで血圧のお薬はどんな種類があって
どんな働きをしているのか、自分なりに考えて
わかりやすく説明します。

スポンサーリンク
  

血圧とは?人間は大きな水風船?

人間の体はほとんどが水分で出来ているという話は
聞いたことがあると思います。
もうちょっと詳しく言うと、
子供なら70%くらい、大人なら60%。
また年齢のほか性別などでも変わってきますが、
かなりの水分が体内にあることは変わりありません。

その水分が人間という入れ物に入っていて
その中を流れることで命を支えています。
入れ物の大きさに比例して水分の量も変わりますが
その量が多めであれば水圧が上がるのを想像することは
簡単だと思います。
つまり血圧は入れ物(体)に対して水分(血液)の量が多いと
圧力が増して、高血圧の状態となるのです。

水分の量を減らして血圧を下げるお薬

人間の体は、この体内の水分の量を常にコントロールしています。
水分をとり過ぎれば、トイレに行きたくなりますよね?
また体内の水分量が減ればのどが渇いて飲み物が欲しくなります。

スポンサーリンク

このコントロールがうまくいかなくなると、
体の中に水分をため込んでしまい血圧が上がります。
(※原因は色々ですが、塩分のとり過ぎは顕著に水分をため込みます)
この水分を体外に出すことで血圧を下げるのがこのお薬です。
利尿薬と言われるものですが、このお薬を飲むと
尿の量が増えて体の中の水分が減り血圧が下がります。
寝ているときにトイレが近くなっては困るので、
この手のお薬は朝一回だけ飲みます。

血管を広げて血圧を下げるお薬

全身の血管の太さはホルモンなどでコントロールされていて、
環境に合わせて太くなったり細くなったりしています。
特に足先や指先などの端っこの血管が細くなると
非常に血圧が流れにくくなり血圧が上がりやすくなります。

例えば庭に水を撒くとき、ホースの先端を指でつぶして細くすると
水圧が上がって水は遠くまで飛びますよね?
血管も同じで細くなると血圧が上がり、
血管が広がると血圧は下がります。

血管を広げるお薬は、直接血管に働いて広げるお薬と
血管が細くなるように働きかけている成分を抑えることで、
間接的に広げるお薬があります。

まとめ

血圧を下げるお薬の原理は簡単に言うとこの2種類、
体内の水分の量を減らして圧力を下げるか、
血液の流れる空間(血管の太さ)を広げて下げるかです。
先ほどのように直接的とか間接的とか、
利き所が異なるので分類すると、血圧薬は5種類に分けられ、
1種類で下がらないときは2種類、3種類と追加して
複数の組み合わせで使われます。
何を組み合わせると効果が高いかもわかっています。
ですので、複数血圧のお薬を飲んでいても利き所が異なるので
一緒に飲んでも問題ないのです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら