メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

暮らし 子供 やってみた

小学校入学準備のお名前シールの選び方、注文タイプから手作りまで。

投稿日:

入学式のシーズンが近づくと、入学準備の名前付けの作業を思い出します、小学校はなんと言っても算数セットのようなこまかーーい持ち物がたくさんあり、そのアイテム数は確か300くらいはあったと思います。この時役立つのがお名前シール!クレヨン、絵の具、色鉛筆などの文房具に付けるいろんなサイズの名前シールや算数セット用のシールなど、お名前シールはとてもたくさんのメーカーと種類があって悩んでしまいますが、それぞれのメリットを生かして選んでみましょう。小学一年生のアイテムは多種多様です!

スポンサーリンク

小学校入学準備名前シール「注文タイプ」

 一番選ばれやすいと思われるのが注文タイプ、インターネット注文の他に、お店で注文セットを購入して送るタイプもあります。小学校の入学準備の名前付けすべてをカバーしたいのであれば、

算数セット用シール+名前シール+アイロンシール。
すべてそろったオールインワンタイプが便利でしょう。
(※名前シールだけのものもあるのでセット内容をよくチェックしましょう)
我が家でもコレひとつで小学校6年間もちました。

価格は¥1,000~¥3,000くらいでかなり幅があります。株式会社ゼストさんの「お名前シール工場」が有名で、デザインやフォントの種類などが豊富で品質も高いです。個人的にはコバオリ株式会社のnamename(ネムネム)もお得感があっておすすめです!
【短納期】大増量818枚ママ応援セット/耐水お名前シール/アイロンシール/算数セットシール/送料無料/ミニクリアファイプレゼント/アイロン/おなまえシール/ネームシール/名前シール/耐水/入園/入学/

インターネットで探すなら楽天やAmazonはもちろんですが、ベルメゾン等でも
多数紹介されています。
店舗で探すならイオン等のスーパーや文具店にあります。

算数セット
おはじきやコインなど細かいものが多いのでシールは重宝します、ピンセットがあると貼るときに助かるので、ピンセットつきの商品をチェックしてみるのも良いですね。

名前シール
お箸やコップ、歯ブラシなど水にぬれるものは、防水、耐水タイプがあるといいです。数にはある程度余裕があるといいですね。中高学年になってから新しくシールを貼るものも出てくるので、300以上はあったほうがいいと思います。

アイロンシール
布小物、ハンカチ、巾着、給食用ナフキン、等にあると便利です。

小学校入学準備名前シール「無料シール」

イオンでお買い物したときなど、レシートの裏に無料でお名前シールがもらえる広告があるのを見たことはありませんか?ひらがなの防水お名前シールが145枚無料!という、太っ腹なプレゼントです。しかし小学校には必須の算数セット用のシールは含まれていませんので、算数セット専用のラベルは別に準備する必要があります、これはベネッセさんがやっているキャンペーンでお得ですが、子供が大きくなるにつれて、年齢に応じた学習教材のDMが中学、高校になるまでも、届きます、資料が要らないときはその旨申し出ることが出来ます。
ちなみにレシートでもらえなくてもホームページに直接行けば応募できます。我が家では、名前シールはもらってませんが、いつの間にか住所が知られてじゃんじゃんDMが送られて来てますが。よく出来たDM(短編のPR漫画などが付いてくる)がくるので、ついそのままもらっています。

スポンサーリンク

小学校入学準備名前シール「手作り・自作タイプ」

自作シールのメリットは安く出来る点です。
Aone(エーワン)やマクセルのような、昔からのラベル屋さんで算数セットシールが売られています。価格も300円前後と非常にリーズナブル。自分のパソコンにソフトをダウンロードして作成、印刷するタイプです。文房具用セット、アイロンプリント用などシリーズで売っているので、必要なものだけ準備するのには向いています。しかしこのタイプには付き物の「印刷位置の調節が大変」という問題もあります。たまたま設定が一発でぴったり!なんて時はうれしくなりますが、算数セットは特に小さいので少しでもずれるとはみ出る可能性があります。ためし刷り用紙も入っていますがちょっと足りない感じがするので、A6のメモ帳(ちょっとサイズが違うけど)や、100均のハガキためし刷り用紙(インクジェット20枚)などが使えますが、私は家電屋さんで売っていた100枚で100円くらいの、ぺらっぺらのハガキ用のためし刷り用紙を使いました。100枚買っておくとテスト印刷がいっぱい出来ていいですよ(あまったら年賀状のときにでも使えるし。。。)

その他にラベル作りならテプラが定番ですね、
テプラなら一度買ってしまえば必要な枚数を必要なだけ作ることが出来ます、
入学の準備に限らず家の収納など家族全員で使えるのでいいと思います。

まとめ

手書きやスタンプなどのほうが良い場面も出てきますが、シールは1セットあると高学年になるまで助かります。えんぴつは入学お祝いに名前入りをもらったりすることも多いかと思います。最初はぴかぴかの名前入りの鉛筆をそろえてあげるのもいいかもしれません。入学のときは基本はひらがなのようで、勉強していない漢字は勝手に書いてはいけないという(書き順などを自己流で覚えないようになど・・)決まりがある学校もありますので注意が必要なところもあります。
もし漢字のシールをお祝いなどで頂いたとしても高学年になれば使えるので
大事にとっておきましょう。

名前付けは大変な作業です、お名前シールを使っても
一晩で出来る量ではありませんが達成感のあるイベントのひとつです。
肩が痛くなるかもしれません(私はなりました)が頑張ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-暮らし, 子供, やってみた

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら