メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

健康 2月

花粉症に突然なることもあるの?体質と環境が原因を探る鍵!

投稿日:2018年3月11日 更新日:

特に子供のうちが多いですが突然花粉症になることがあります。数は減りますが大人でも急になる人もいます。アレルギーは本当に厄介ですね、今までなんともなかったのにある年春が来たら急に鼻水や涙が出てくるのです。最初は風邪と区別がつかず「なんか鼻風邪が治らないな~」なんて思っていると花粉症だったなんてこともあります。私の勤める小さな薬局に今の時期来られる患者さんの様子やお話しした内容をつなげると根拠のある話という程ではありませんが、花粉症の正体が見え隠れしてきます。そんな経験からアレルギーについて感じることを綴ってみます。

スポンサーリンク

花粉症が突然発症、急になることもあるの?

突然花粉症になることは、あります。
というか、なるときはみなさん突然です。

ある年、花粉が飛び始めると突然発症します。

一番多いのは春のスギ花粉ですね、
スギ花粉はいつから飛散が始まるのでしょう?
関東より南なら2月になると飛んでいるようです。
私の住んでいる東北地方は2月末~3月頃から症状が出る患者さんがいます。

一方秋に一番多いのはブタクサ、ヨモギなどと思われますが、これは稲刈りが始まると患者さんが増えるので「あ、この季節が来たな」と毎年思います、9~10月頃です。

花粉症を起こす原因は様々で、
複雑にからみあっている思いますが、
大きく分けると

1.体、体質が原因

2.環境が原因

この2つに分けられる気がします。

花粉症の原因は体質の変化?

突然花粉症になったという話を聞きますがよく話を聞くともともとアレルギー体質だった、ということがあります。小さいころ食品にアレルギーがあったり、かぶれやすい体質だったりすると、花粉症になる確率も高くなるように感じます、これは「アレルギーマーチ」と呼ばれていて年齢によってアレルギー反応を起こすものが変わっていく様子を行進曲(次々とアレルギーがやってくるイメージ)に例えてつけられた名前です。「そんなに次々とアレルギーになっていたら花粉症だって気が付くよ!」と思いますが、実際にはゆっくりと変化する人も多くて、本人が忘れてしまうくらい昔にちょっと鼻炎だったひとが大人になって急に花粉症になった、という方もいました。

それから女性でよく聞くのは妊娠によって体質が変わって花粉症になったという話や花粉症が治った!という話です。妊婦はホルモンのバランスがいつもと違うため鼻炎になりやすいこともありますが、出産してもずっと花粉症、という人もいるのでホルモンだけでなく体質も変わっていると思われます。

その他には、ストレスや体力の低下、食生活などによって花粉症になりやすくなることも言われています。
お菓子類は食べ過ぎると粘膜が弱くなって花粉症を引き起しやすくなると言われています。

粘膜を強くし体力をつけ体の抵抗力を養う食事は

1.納豆、オクラ、めかぶ、などのネバネバ系食品をとる。
2.ヨーグルト、乳酸菌飲料などで腸内の健康を保つ。
3.ブロッコリーなどの濃い緑黄色野菜をとる。

この3点に注意して生活すると花粉症などのアレルギーに強い体質になると感じます。

スポンサーリンク

花粉症の原因は環境の変化?

昔は花粉症はほとんどありませんでした、環境の変化が花粉症を増やした原因になっていることも多々あるようです。

清潔になり過ぎた?

昔の人間は自然界に存在する程度のダニ、カビや花粉などに囲まれて生活していました、寄生虫も普通にいたと考えられます。免疫力はそれぞれに分散されて働いていましたが衛生的になるにつれて免疫力は力を持て余すようになり、少しの異物を見つけると過剰に反応してしまうというものです。

花粉のほかに猫や犬にアレルギーを示すこともありますが、家でペットを1種類飼っている家庭より、2種類以上飼っている家庭の子供の方がアレルギーを起こしにくいという研究を読んだことがあります。不衛生になる必要はないですがきれいにすることだけが解決策ではないようです。

車の排気ガス

たまに花粉症のサルをニュースで見たことはありませんか?サルは自然界に住んでいるし、いままでも花粉にまみれて生活していたはずです。花粉に排気ガスなどの成分がくっつくと刺激が強くなり花粉症を引き起こしやすくなります。だから都会の方が花粉の攻撃力が高いようです、工業地帯など煙突から煙が出ている町も同じですね。

土が少ない

もう一つ都会で言われていることは、土が少ない という事です。田舎であれば花粉が飛んでも地面に落ちて雨でも降ればもう舞い上がりません。都会ではアスファルトやコンクリートが多く、花粉が何度でも舞い上がり長い間花粉に悩まされることになるのです。

先程の花粉症のサルですが、観光地の車通りの多いところに住むサルに見られるという事です。

まとめ

花粉症の季節になると花粉の飛散予報をテレビでやっていますが、アレルギー反応は花粉が多ければ強いというわけではありません。
微量でも鼻に入ればすぐ反応が出ます。ただたくさん飛んでいれば遠くまで広がるんだな、という目安にはなります。
家に入る前には服についていると思われる花粉を払って入りましょう。私も花粉症ですが家に入って間もなくするとピタリと症状が止まります
本当に不思議なものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-健康, 2月
-,

執筆者:


  1. […] する年もあります。自然の不思議です、その年によって飛散しているものが何か違うのかな? →花粉症に突然なったと言う方はこちら 最後まで読んでいただきありがとうございました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら