メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

暮らし やってみた

炭火でBBQをはじめるために必要な物を調べたよ。(初心者用)

投稿日:2018年3月18日 更新日:


炭火でバーベキューは長年の夢だった、去年も計画したのに忙しくて出来なかった、今年は絶対やってやろうと思う。いやそんな気合入れる必要も無いけれど、いつもBBQする時はベテランの世話になっているので自宅でも自分で炭火を使いたい、出来れば最終的には七輪までマスターして末永く炭を楽しめるような生活をするのが夢だ。我が家では手軽にホットプレートなどで「いいじゃん簡単だし」で済まされているので自分ひとりで「やりたい!」とか言っても意外と協力がないと出来ないもの。いつも時間にゆとりのない我が家は自宅の庭か最寄の河川敷で手軽に楽しむ程度なので、簡単に始められる最小限の道具を調べてみた。

スポンサーリンク

炭火でBBQ準備編、器具機材

炭火でBBQをするために必要な道具をチェックしてみた。

・バーベキューグリル
初めてなら迷わず汎用型のよくある4つ足の四角いグリルでいいと思う。ホームセンターなどで2,000円くらいからあるが炭を入れるところが引きだし状になっているものが便利。値段はピンキリだけれど5,000円くらいのものなら品質もしっかりしていると思う、もっと高いのは1万円以上するものもある。

・網、鉄板、ふた

:普通に焼き肉をするため。

鉄板:BBQの〆に焼きそばを作ったりする時に便利。

ふた:野菜など蒸し焼きにする時に使う、100均などにある大きめのアルミトレイでも可。

 

他には魚を焼くための金属製の串があっても面白い。

 

・火バサミ

トングではなくゴミ拾いなどで使う長いやつ。

 

 

 

 

 

 

・ライター(先の長いやつ)

火をつけるとき便利な先の長いライター、
東海のチャッカマンが有名(なつかし~)

・着火剤、新聞紙など火起こしに使う火種

・うちわ

・バケツ

・火消し壷

※最後の火消し壷だけれど、調べていると火起こしと火消し両方に使える兼用のつぼがあるらしい。ひとつの壷で下から空気が入るようにして使えば煙突効果で炭に着火する火起こし器になり、空気をふさげば火消しのつぼになるとのこと。初心者ながら「コレは便利じゃないか・・・」と思っている。

炭火でBBQ準備編、服装、身支度

・長袖、長ズボン
・防護めがね
・軍手・皮手袋

炭はパチッ!と火の粉が飛ぶことがあるので(爆ぜる=ハゼルというらしい)長袖、長ズボンが安全。安い炭や湿気を含んだ炭は爆ぜやすく特に顔を近づけると危険!と言うことで防護めがねというと大げさだけれど、めがねはかけていたほうがいいかも。軍手や皮の手袋(最近はホームセンターでも安く売っている)は炭を持ったりするので必要、手袋はアウトドアではなにかと役立ちます、必需品ですね。

スポンサーリンク

炭火でBBQ準備編、炭

炭も色々種類があって調べだすときりがない。バーベキューで使う炭の種類をザクっと分類すると。

木炭:黒っぽい炭、火がつきやすく扱いが簡単。ホームセンターやコンビニでよく売っている。燃焼時間が比較的短い。
成型炭・オガ炭:六角形などに固めて中心に穴が開いているタイプ、おがくずを固めて作った炭。扱いやすく火力も安定している。木炭よりやや性能が良い。
備長炭(白炭):高級品、着火が難しく重くて固い炭、火力が長持ちする。

となると、木炭か成型炭がよさそう、まず手頃な木炭からはじめてみよう。
3kgで400~500円とお求め安い。
炭の使用量は一人あたり1kg~1.5kが目安。

まとめ

去年も計画したBBQ、今年はもっと現実的に準備してやりたい。そして最高の焼きトウモロコシを作るのが目標だ。準備の器具機材だけでいっぱい書いてしまったが食材についても検討したい、炭火で焼いてみたいものはたくさんある。準備して買ってきたらまた報告しますね!

-暮らし, やってみた

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら