メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

旅行 子供 イベント 7月

茨城県の海水浴場と、日帰りで入れるおすすめの温泉、入浴施設

投稿日:2018年5月25日 更新日:

海水浴にどんなイメージを持っていますか?東京や関東圏内からアクセスも良く、あまり混雑していなくてきれいな海水や砂浜、灯台や海沿いの道路など夏らしい景色やドライブを楽しむ旅行をお望みなら茨城県の海をおすすめします。特に北部がおすすめで、風も涼しく地形も起伏に富んでいて、関東平野のだだっ広い風景とは一味違う景色が旅行気分を高めてくれるでしょう。海岸線と呼ばれる国道245号線やさらに県北へ伸びる国道6号線沿いに海水浴場が点在しています。海水浴場を結ぶ海岸の堤防沿いの道路も気持ちのいい道です。個人的におすすめな海水浴場と日帰り入浴施設をまとめてみました。

スポンサーリンク

茨城県北の海水浴場をおすすめする理由。

風景の雰囲気が変わるのは日立市に入るあたりからです。ここは宮城県から続く阿武隈山脈と関東平野が出会うところで、平野特有の蒸し暑さから逃れ、山や海から吹く風で涼しさを感じることが出来るところです。日立市には海水浴場が6ヶ所もあり、さらに高萩市、北茨城市にも良質な海水浴場が続いています。この北部の海岸は砂浜のすぐ後ろが絶壁になっていて、場所にもよりますが平均で20mくらいのがけがあるのが特徴です。海と砂浜、崖と緑、それと久慈浜海岸には真っ白い灯台があり色のコンビネーションがとても夏っぽくて美しいです。海水浴場によってはカニや貝などで遊べる磯があったり、太平洋の荒波にもまれたシーグラスなども見つけることが出来ます。

※参照google mapメープルカフェさんの写真より。

茨城県北の海水浴場の一覧

県北の特徴をもった海水浴場(東京側から順番に)

日立市
久慈浜(くじはま)海水浴場
駐車場350台、主に砂浜、灯台公園あり。
水木(みずき)海水浴場
駐車場50台 砂浜・磯、波静か穴場。
河原子(かわらご)海水浴場
駐車場300台 主に砂浜、サンドアートなどイベントあり。
会瀬(おうせ)海水浴場
駐車場70台 砂浜・磯、シーグラスが多い。
川尻(かわじり)海水浴場
駐車場40台 砂浜・磯 遠浅。
伊師浜(いしはま)海水浴場
駐車場370台 砂浜・磯、鵜の岬隣接。
高萩市
高萩(たかはぎ)海水浴場
駐車場200台 白砂、遠浅。
北茨城市
磯原二ツ島(いそはらふたつじま)海水浴場
駐車場50台 白砂・磯、二ツ島


駐車料金はみな一日1,000円というところが多いです。

スポンサーリンク

茨城県北の海水浴場に近い日帰り温泉

海水浴の後はシャワーを浴びるのが鉄則ですが、出来ればあったかい温泉にでも入って砂や塩水をしっかり洗い流したいところです。茨城県北の海水浴場の近くには入浴施設も多いので海水浴の後に寄ってみてるのもいいですよ!
海水浴って結構体が冷えているものです。

久慈サンピア日立
天然鉱石の光明石を使用した人工温泉
太平洋を眺めながら入れる。
宿泊もできて、スポーツ施設も併設されている。
以前はレジャープールがあったが今は水泳帽着用の
スポーツプールがある、幼児用プールもあるので小さい子は遊べるかも。
日帰り入浴料
大人(中学生以上)510円
小人(三歳以上) 310円 税込み
利用時間:10:00~21:00

はぎ屋旅館
昔からある老舗旅館、
水木海水浴場から河原子海水浴場に通じる波打ち際の道の途中にあり、
本当に海のそばの展望露天風呂があります。
・かじめ湯
海藻のミネラルたっぷりの琥珀色の湯
・潮湯
海水を使用したお風呂。
・焼石の湯
砂湯ならぬ玉砂利の湯、
熱した砂利の上に寝るという変わった入浴法。
平日:大人850円
子供550円(小学生まで)
休日:大人1,000円
子供750円
利用時間:10:00~15:30
※旅館なので日帰りの利用時間が早めに終わるので注意。

湯楽の里(ゆらのさと)
ご存知、関東圏内に多数の店舗を持つ日帰り入浴施設。
色々な湯船のあるレジャー型入浴施設。
水木海水浴場からずっと海岸沿いを走り、河原子海水浴場を通り抜けて
最後に245号線にまた戻って来る合流地点にあります。
目の前の太平洋はサーフィンのスポットになっていて大会が開かれていることも。
平日
大人(中学生以上):720円
こども(0歳~小学生):360円
土・休日・特定日料金
大人:820円
こども:460円
利用時間:9:00~深夜1:00(受付~午前0時)

鵜来来(うらら)の湯 十王
天然温泉施設
人気ナンバーワンの国民宿舎鵜の岬に隣接する天然温泉日帰り施設。
展望露天風呂、ジェットバス、バブルバス、サウナ、水風呂など、
新鮮な魚介類を使ったお食事どころもあり1日楽しめる施設だが、
※夕方からだと割安な料金あり。
平日
大人:820円
小人(3歳~小学生以下):410円
土日祝日
大人:1,020円
小人(3歳~小学生以下):510円
16:00~
大人:510円
小人(3歳~小学生以下):260円
利用時間:10:00~21:00(入館~20:00)

まとめ

今回のおすすめの場所を組み合わせればきっと楽しい海水浴の思い出が出来ると思います。県の条例で海水浴場は火気厳禁のため花火やBBQは出来ませんがその分きれいな海が守られています。シーグラスやきれいな貝殻拾いをしたいときは早朝がおすすめで磯のある海水浴場の岩場や砂利がたまっている場所を探すと結構見つかりますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-旅行, 子供, イベント, 7月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら