メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

旅行 関東 子供 イベント やってみた 8月 ブログ

日光東照宮周辺でおすすめな霧降高原エリア

投稿日:2018年11月28日 更新日:


子供達がまだ小学生の頃に日光東照宮に旅行に行きました。霧降(きりふり)高原の方にあるペンションに泊まったのですが、日光東照宮へ行く近道があったり、近くには工芸品の施設があり日光彫りの体験ができて子供の夏休みの工作の宿題がすんでしまったりと、台風に直撃されてひどい雨天だったのですが、おもしろい旅行が出来たのでおすすめの観光ルートの1つとして、ちょっとご紹介します。

スポンサーリンク

日光霧降高原とは


地図で見ると日光東照宮の北(上)の方にある山岳地帯です。霧降高原のふもとにはペンションや別荘が集まったエリア(ピンクで網掛けしたあたり)や、高原に行く途中にある霧降ノ滝(華厳の滝、裏見の滝と合わせて日光3大名瀑と言われています)などがあり、ちょっと奥まっているので高原らしく夏は涼しく街中の混雑からは少し離れていい雰囲気です。
ペンションのあるエリアには東京の方の学校や会社の研修施設や個人の別荘などもありますが、手入れされていない別荘などもあり少しひなびた感じはありますがおしゃれなペンションや別荘も点在しており、ガラス工房などもあってちょっと隠れ家エリアという雰囲気を感じました。高原近くには大江戸温泉ホテルも出来てなかなかおもしろそうです。

日光東照宮はご存知、大人気パワースポットですね。

自家用車で!
電車(JRや浅草から東部日光線)で!
じゃんじゃん観光客が押し寄せてきます。
東京からは日帰り圏内なので朝、大勢の観光客が日光を目指してくるので午前10時にもなると。。
駐車場は長蛇の列
日光駅からの歩道は電車で着いた外国人がたくさん歩いています。

この霧降高原からの道を通って東照宮へ行くとまさしく駐車場入り口にひょっこり裏から行けます。旅館をゆっくり、9時頃に出ましたが、すいすいと駐車場に入ることが出来ました。移動時間は車でわずか6分です!
(お昼頃に駐車場を出るときには坂道の下までずっと渋滞していました。こうなるとちょっと割り込みは出来ませんけどね。)
※黄色い線が通常のルートで渋滞しやすいところです、霧降高原方面から来ると青い線のように駐車場入り口付近で合流が出来ます。

日光の伝統工芸品、日光彫(にっこうぼり)が体験できる。

霧降高原のふもとから日光東照宮に行くこの裏道(っぽい道路)の途中に日光彫りの里工芸センターがあります(上の地図にピン止めしてあります)ここで日光彫りの体験が出来ます。
丸盆や手鏡、菓子器に彫刻刀で絵を掘っていくのですが、ひっかき刀と言われる手前に引くようにして彫る方法なので比較的安全です、対象年齢は小学校4年生からですが、うちの子供は小学校3年生でしたが簡単な下絵を選んで作ることが出来て小学校の夏休みの工作にしました。

子供の作品、一応「言わザル」です、横に自分の名前を彫りました。

日光彫り体験は1日4回開催されていて5人以上は予約をするようになっていますが、空いていれば当日問い合わせでも参加できます。

体験時間は1時間20分が目安ですが、実際には1時間かからないくらいでした。
職人さんが彫ったものも展示されていて見事な出来に感激します。直売もしています。

日光彫の起源は・・・
寛永11年(1634)から同13年(1636)にかけて、三代将軍家光が日光東照宮を現在の荘厳華麗な社殿に造り替えたとき、全国から集められた名匠たちが余技として作ったのが始まり。
※日光彫りの里工芸センターHPより引用。。

と言われている歴史あるものです。
勉強にもなります、東照宮観光の前後に伝統に触れてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

日光は一年中観光客が押し寄せている

私たちが行ったのはお盆の時期でしたが台風がまさしく直撃しているときで、観光客も少ないのでは?と思ったら、台風なんてまったく関係ない様子にびっくり。
こちらも雨合羽をきて気合を入れて行ったのですが、観光客は普通にいて、団体の遠足のような子供たちも合羽をきて普通に整列して見学しているんです、東照宮の階段は豪雨で水が流れ落ちているのに見学客は何事もなかったように歩いているんです。
東照宮は朝昼夕、春夏秋冬、晴れでも雨でも魅力のある場所ですが、夏の日光名物と言えば天然氷のかき氷です。台風一過の翌日はとても暑くておいしく山盛りの天然かき氷を楽しみました。

まとめ

私たちが泊まったのは「ペンションモンゴメリーブラウン」というところでした、卓球台やテニスコートがあったので選びましたが、このエリアはたくさんの特徴のあるペンションがあるので色々探してみるのも楽しいと思います、またガラス工房「グラススタジオ ポンテ」などもあります。
「え、誰が住んでいるんだろうね」というような素敵なデザインの別荘もありました。霧降ノ滝のそばにはレストランがあったり、もちろん高原そのものも天気がよければすばらしい景色だと思います。

一般財団法人 自然公園財団 日光支部

一般財団法人 自然公園財団 日光支部

東照宮駐車場からペンションエリアまではわずか10分、高原までは20分もあれば到着できる周辺エリアで楽しめます。観光ルートのひとつとしておすすめですよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
2018.11.30再編集

-旅行, 関東, 子供, イベント, やってみた, 8月, ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら