メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

健康

塩分を控えるには?減塩の工夫、方法、そして必要性は?

投稿日:

血圧が高い人は、検診や受診の時に「塩分を控えてください」と
よく言われると思います。。
薬局の窓口に来て「だってしょっぱいもの大好きなんだよな~」と
という話を患者さんからよく聞きます。
食事の制限をされるのは寂しいですよね。。
そんなときにお話しすることを今日は書いてみます。

スポンサーリンク
  

減塩のための工夫、方法

1.塩味以外の味付けを濃くする。
しょっぱい味付けの代わりに、酸味や辛味を使ってはいかがでしょう?
具体的には、酢・唐辛子・わさび・からし・こしょう、などです。
しょっぱい塩は採りすぎると血圧が上がりますが、
スパイスは一瞬上がることはあっても
継続的に血圧を高くすることはありません。

2.表面に味付けをする。
同じ量の塩を使っても、中までしみ込んでいるよりも、
表面についている方がしっかりと塩分を感じることが出来ます。

3.調味料をきちんと計量する。
目分量で味付けをしているとつい濃くなりがちです、
きちんと測るようにしましょう。
塩は小さじ1で6g、大さじ1で18gです。
塩を0.3グラム、0.5グラムと分包した商品もあります。
しょうゆやみそも塩分の入っているものですから、
入れすぎには注意です。

4.うまみ・薬味を使う。
昆布や鰹節のうまみをたっぷり使うと
塩味が薄くても満足できます。
だからと言って既製品のだしや、うまみ調味料には
塩分(ナトリウム)が含まれているので注意しましょう。

減塩はなぜ必要か、目的は?

しかし、なぜ塩分には注意しなければいけないのでしょう。
「高血圧になるから」はみんな知っていることですが、
それだけではありません。

からだがむくむ
からだが塩分を多くとると、濃すぎる塩分を薄めるために
のどが渇いて水をたくさん飲みたくなったり
体内の水分が逃げないように尿や汗の量が減り
結果的にむくみが生じます。
水分でパンパンになるので血圧が上がるのです。

スポンサーリンク

腎臓がよわる
また過剰な塩分を処理するために腎臓に負担がかかり
腎臓の病気を起こしたりします。
特に糖尿病で腎機能が低下していると重症化させてしまいます。

心臓の機能に異常が起きる
塩分は筋肉や神経の伝達に深くかかわっていて
心臓も筋肉(心筋)と神経のリズムで血液を体中に送っています。
塩分過剰な状態が続くとこの働きに異常が起こり、
不整脈などの心臓の病気を引き起こす可能性が高くなります。

ほかにも栄養の消化・吸収が悪くなったり、
お薬の効果が台無しになったりすることもあります。

塩分てそもそもなに?

そもそも塩分とはなんでしょう?
上にもちょっと書きましたが、ここでいう塩分とは

塩分=塩化ナトリウム

塩化ナトリウムは食塩の主成分で
一日の摂取量の目標値は
男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満です。
高血圧の患者さんの場合は男女とも6g未満です。

このナトリウムが体には大切な成分ですが
とりすぎると血圧をあげる原因などになります。

ナトリウムは医薬品にも含まれていて
主に胃薬に含まれる炭酸水素ナトリウムです。
炭酸水素ナトリウムは胃酸を中和するために含まれますが、
物によっては1日量で約3.5グラムの食塩量に相当するものもあります。

まとめ

塩分は色々なものに入っていて、知らぬ間に摂ってしまいます。
加工食品は特に入っていることが多いでしょう。
食パンにも結構入っています(1枚0.8グラム)
その他かまぼこ、ちくわなどの練り物にも含まれます。
またラーメンの汁は残したり、みそ汁は具だくさんにする、
など普段からの心掛けも大事です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら