メモ帳

やってみたことや、知りたいこと、言いたいことを綴ったメモ帳のようなもの・・・

暮らし やってみた

犬のトイレトレーニング、サークル内ではできるけれど(練習中)

投稿日:2017年8月17日 更新日:


ミニチュアシュナウザーのトシ君(月齢3か月弱、外デビューはまだ)は我が家に来た時からきちんとサークルの中のトイレトレイで用を足しました。ペットショップで購入しましたが、ブリーダーさんの名前も紹介されていて、管理の良いショップだったので「さすがだなー」と思っていたのですが、ケージから出して遊ぶようになったら、部屋に出されてから用を足すようになってきました。サークルの中は寝床用のクッションとトイレで半分半分ですが、一度も寝床で用を足したことはないので、トイレの認識はできているようですが、部屋に出るとにおいをかいで回りしっかり拭いたはずでも前と同じようなところでしてしまいます。『犬は寝床以外はみんなトイレ』という事を聞いたことがあります、やっぱりトイレトレーニングをしっかり始めなければなりません、あれこれ調べてみました。。。

スポンサーリンク
  

犬のトイレ サークル内では出来るのに。

 犬だってきれい好きです、寝床が汚れるのは嫌なようです、最初のころはウンチの処理がおくれて踏んづけた足で歩き回り汚したりもしましたが、自分で寝床に用を足したことはありません。活発になって活動エリアが広がり(と言ってもリビングだけ)彼なりに寝床から少しでも遠いところで用を足したいという気持ちの表れかもしれません。また男の子は小さいときから縄張り意識を持っていてマーキングとしての意味もありそうです、でもまだ足をあげてオシッコはしませんが。。。犬は頭がいいのでトイレができるようになってからもわざと失敗することもあるそうですが、我が家ではまだそのレベルには達していません。サークルから出した時は出来るだけトイレシートをもって後をついて歩き、しそうになったらサッっと敷いて大も小も受け止めようと必死ですが、シートが足に当たると迷惑そう~な顔をしてすっきり用を足せて無いようで難しいです。ただトイレトレーニングに関しては絶対に怒らない方がいいと獣医さんにも言われたのでただ淡々と処理をしています。

スポンサーリンク

犬のトイレ 失敗の理由

 我が家の場合、まだしつけが出来てないのが失敗の理由ですが、しつけるつもりが失敗を誘発してしまうことがあるようです。まえに獣医さんが”トイレを失敗しても怒らないで”と言っていたと書きましたが、怒ることでうまくいった人もいます、寝床とトイレ別々にサークルを作ってトイレでしたらほめて、寝床でしたら怒る、という方法でうまくできたという人がいますが、これは運良くワンちゃんの頭が良くて理解できたからで、多くの場合は犬が排泄自体を怒られたと思ってしまい、飼い主の前では排泄を我慢して、見えないところで排泄を隠れてするようになってしまいさらに失敗を増やしてしまうことが多いようです。また、トイレを失敗したときに大声を出したりして騒いでしまう、”失敗すると喜んでもらえる”と思いさらに失敗に拍車をかけてしまうこともあるようです。それから犬なのでマーキングの習性もありますよね。それ以外には興奮しすぎて漏らしてしまったり(うれしょん)、病気やけがで出来ない場合、恐怖や悲しみを感じていたりと、見ていても明らかにいつもと様子が違うときにも失敗する事が多くなります。

 そもそも怒られていないので本人は失敗したとは思っていないですし、犬は好きなところでしているだけで、失敗しているのは犬ではなく飼い主がしつけに失敗しているだけなんですよね。

犬のトイレ 覚えさせる方法の検討

 トシ君のようにサークル内に寝床とトイレトレーが一緒に入っていても必ずトイレトレーで出来る場合は、ちゃんとトイレが分かっていると思えます、しかし最近は朝起きたときにまだ排泄をしていないことが増えました、小はわかりませんが大はしていないことが多いです、そして朝起きていくとおすわりしてクンクン鳴きをしていることが多くなり、最初は無駄吠えのトレーニングとして無視していましたが、ほっておいても鳴き止まず少しキャン鳴きをしたかと思うと大をしていることが増えました。しぐさも表に出たい気持ちいっぱいの感じで、サークル内で立ち上がって出たがっていたかと思うと立ったままウンチをすることもありました。これはやはり寝床から遠く離れて用を足したいのだ
なと感じます。
 自分でブログを書いてみて反省点も見えてきました、”トイレシートを持って後を追いかける”って変ですよね、主従関係が逆です、王様の後を付いいくお付きのものか!って感じです。それから、じゅうたんを敷いているのも問題なようです、犬にはトイレにちょうど良い心地よさのようです、しばらく外した方がいいのかな?色んな本やサイトも見ましたが部屋の環境も犬の性格もそれぞれなので、パソコンに向かってばかりいないで自分のうちの子(犬)の様子をしっかりみて気持ちを汲み取ってあげたいです。

2017.9.19追記:相変わらず失敗のトシ君でしたが、試しに買ったしつけるシーツを使ったら、今までは誘導しても素通りだったトイレトレイの上に立ち止まり初めてサークルの外で成功しました!!これからもうまく覚えて習慣になってくれるといいですが・・・とりあえず今日はうれしいです!!

まとめ

 まずはごはんを外で食べさせて、その近くにトイレも置いて覚えさせてみようかと思います。それからケージを”閉じ込められる場所”と思わないように気を付けながらうまく使いたいと思います。マニュアルの押し付けにならないよう、上手に教えることが出来たらまた続編を書きますね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

-暮らし, やってみた

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせはこちら